2007年01月30日

次のツーリングシーズンに向けて

【ツーリング考】

今月の3日に「反省会」と題して、
2006年ツーリングシーズンを振り返り…

装備を少なく、コンパクトにして
もっとツーリングに出掛ける!!


という、あまり明確でないが…目標を立てました(^^;)

んで、ここ数日でチョイチョイ暇な時間を使って、
キャンプ装備の見直しをしてみた…


詳細ギボン
posted by TOM at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

反省会

【ツーリング考】

…さて。西暦も改まり、齢をひとつ重ねたところで…
本ブログのメインテーマである

「バイクツーリング+ソロキャンプ」

について、反省と来シーズンについて語るぜぇ!!

…最近、日記や恋愛日記ばかりで、
ツーリングの話題から遠ざかっていたからな!!

詳細ギボン
posted by TOM at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

えーかげんにせんかい-_-# 〜愛車について軽く語る 其の3〜

【ツーリング考】
ずいぶん前の前回(^^;)は、我が愛車アクロスの良いところについてしたためて候。
では、予告通り次は南天…いや難点をあげていきましょう。
あんまし書きたくはないですが、心を鬼にして書かねばならぬでしょう…。

続きを読む
posted by TOM at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

出張中だけど…

【ツーリング考】
おはようございます。
今日は研修がオフの日です。
例によって、たまった洗濯物をホテルのコインランドリーに
ぶち込んで、洗濯しながらお風呂に入ってました。
今日は十分に自由時間があるので、再度東京探索に出かけます。

今日は、…うーんどうしようか?
原宿の竹下通り、表参道に行くことは決めてるけど。
秋葉原をもっとじっくりと回ってみたいな。
東京タワーにも行ってみようか?
と、あれこれ考えてます。

今回、仕事関係の出張で東京に来ているわけですが、
コレも一種の旅、ツーリングなんでしょうね。
自分の知らない土地にきて、その土地の人たちと交流し、
自分自身をあらゆる方面から磨く…。
俺の好きなツーリングとなんらかわらない。
相違点は、プライベートかビジネスかという1点のみ。

では、今日も旅を楽しんできますか!
posted by TOM at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ワシの愛車、スゲエじゃろ? 〜愛車について軽く語る 其の2〜

【ツーリング考】
こないだは俺の愛車「アクロス」の概要を紹介しました。
お次は、アクロスのエエトコロを書いていきまっせ!

では、本編をドーゾ(・_・)(._.)

続きを読む
posted by TOM at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

コレがワシの自慢の愛車じゃ! 〜愛車について軽く語る 其の1〜

【ツーリング考】
新シリーズ開始です(^-^)
俺の愛車の紹介やら、愛車とのなれそめなんか書いていこうかと思います。
それでは、まずは現在乗っているTOMの愛車をご紹介しましょう!

では、本編をドーゾ(・_・)(._.)

続きを読む
posted by TOM at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

「ソロ」について考える。其の4

【日記】
今年は、12月から寒さが厳しい…誰だ?「暖冬」だとほざいたヤツは!?
俺の部屋の暖房器具は、電気ストーブとエアコンです。
多少の寒さなら電気ストーブオンリーでいいが、
ここ数日の寒さでは、エアコンも併用しないと部屋におれん!

ウチのエアコンはパワー不足か、足下が全然温もらないんですね。
で、今年は助っ人を呼びました。その名は「扇風機」!
真夏には「焼け石に水」程度の風力しかない
わずか直径18cmの扇風機ですが、効果は絶大です。
床に転がして回すだけで、足下の冷えが相当和らぎまっせ!
floorfan.jpg

冬眠中の扇風機があるなら、叩き起こしてみて下さい(^-^)

♪♪♪(^o^)では、今日の本題いってみよう!(。_。)q♪♪♪

【ツーリング考】
「ソロと人間的成長」
「かわいい子には旅をさせろ」なんて諺がありますな。
いや、全くその通り!
日々日常では体験できないことが、旅では体験できます。
その体験は、必ずその人を成長させてくれるハズ!

旅には、人間的成長の機会が随所にありますよ。
マスよりソロ、ホテル泊よりキャンプの方が、より成長できる!
自分で処理すべきことが、多ければ多いほどいいワケです。
俺は、旅に出る度にドンドコやることを増やしていきました!
だって、その方が旅が楽しいから!( ̄ー ̄)ニヤリ

体験はイコール「経験値」
DQやFFのようなRPGではないけど、
体験や経験を積めば積むほど、
間違いなく人間的な成長ができる。

自分の成長の為、いっちょソロツーリングしてみてはどうですか?
また子供が「旅に出る!」って言ったなら、
ぜひ行かせてあげるべきですよ。
ただ、女性のソロは少し考え物ですが…

さて、「ソロ〜」については、いったん筆を置こう。
次回からは、「ツーリング事始め」と題して、
TOMのツーリング人生の始まりを書いていきます。
今日はここまで!
posted by TOM at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

「ソロ」について考える。其の3

【日記】
先日の宣言通り、コンビニの姉ちゃんに、

「クリスマスの夜、一緒に過ごさない?」

みたいなお誘いしてきました!頑張ったのぉ、俺…ヽ(^^ ) ヨシヨシ

レジを通る間だけの短い時間でのお誘いだったので、
姉ちゃんには軽〜くスル〜されちゃったカンジです。
けど、最後に俺は

「いい返事聞かせてよね。」

と言って、店を出ました。
さて、次に店で会った時、彼女はなんと言ってくれるでしょうか?
乞うご期待!!


♪♪♪(^o^)では、今日の本題いってみよう!(。_。)q♪♪♪

【ツーリング考】
はい。今日はソロツーリングにおいての「義務」的な面です。
「義務」…。「納税の−」という言葉があり、
正直好きな言葉ではありませんが…
けど、「義務」をこなすことが、
ソロで旅する者の「義務」であると思います。


1.旅の全てが自己責任
旅のあらゆることに関して決定をしなければならず、
そして何が起きても誰も責任を取ってくれない。
道具を忘れても、道を間違えても、
キャンプ場に日没までにたどり着けなくても、
それは全て自己責任。

2.頼りは己の身体のみ
寝坊しても誰もおこしてくれない。
暑いからといって、テントを畳んでもらえない。
疲れたからって、運転を代わって貰えない。
自炊をすれば、酔っていても片付けをしないといけない。
たとえ疲れていようが、すべきことをやらなければならない。


これらの義務を楽しさに昇華できたなら、
立派なソロライダーのできあがり〜!
嫌々でこなしてたら、ソロなんて楽しくないですよ。

俺なんかよりベテランのライダー様は、楽しさとは違う次元…
そうですね、恍惚の表情でこなしているコトでしょうわーい(嬉しい顔)


では次回は、「ソロと人間的成長」について。
今日はここまで!
posted by TOM at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

「ソロ」について考える。其の2

【日記】
皆さん、もうあと1ダースDAYで「クリスマス」とか言う、宗教関連のイベントがありますな。一緒に過ごすパートナーは手配できましたか?
俺?
…はぁ、3年連続で「シングルベル」になりそうな気配です。けど、まだあきらめちゃいません!
ところで、「クリスマス」=「キリストの誕生日」と考えてる方が多いのでは?これ、マチガイなんですって。ここを見てみてください。へぇ〜。

近々、近所のコンビニのかわいい子に、声かけてみようと思っているTOMです!

♪♪♪(^o^)では、今日の本題いってみよう!(。_。)q♪♪♪


【ツーリング考】
自己紹介の時とかに「ツーリングとキャンプが趣味で、基本的にソロで行く。」と言うと、10人中8人が「寂しくないですか?怖くないですか?」と聞いてくる。確かに、基本的に道中は1人で、会話を交わせるいないので寂しい。そして、1人でのキャンプとなれば、孤独+外敵+暗闇との戦いだ。大抵の方は、ネガティブな部分ばかりを見がちです。
しかし、ソロにしかない良いところがある!俺の考えるソロツーリングの良いところをあげてみました。

1.全ての決定権が自分にある!

ルートの選択・飯の献立・飯の時間・寝起きの時刻・走行ペース・トイレ休憩・景色のデジカメ撮影…あらゆる行動をやりたいようにできる。つまり基本的に自由!K察とかいう国家組織にパクられない範囲内っていう条件はありますが。
俺にとっては、ルートの選択と走行ペースの自由が一番の魅力です。俺はいわゆる県道マニア!マスツーリングでは到底選べない荒れ放題&狭路県道もソロなら遠慮することなくルートに組み込める。また、俺はカッ飛ばすのは趣味じゃなく、ゆっくり自分のペースで安全に、景色を見ながら旅をしたいヤツなんで…


2.旅先の人々との交流が楽しい!

孤独な一人旅だからこそ、旅先での人との出会いやふれあいが、とても楽しい&嬉しい。
例えば、他のソロライダーとの交流ができたりとか、隣の家族連れキャンパーが焼肉お裾分けしてくれたりとか、「今日はウチの庭に泊まっていけ!」って拉致されたりとか(笑) セチガライ世の中っていうけど、旅に出るとまだまだ人間捨てたモノではないと思います。ソロライダーには、ホントみんな親切にしてくれますよ!


これらがソロツーリングの特権、つまり「権利」になります。さてここで一つ質問を。権利の反対語ってご存知ですか?

3…
2…
1…
0!

ハイ、正解は「義務」ですね。世の中、権利があれば義務がある。ツーリングだって同じ!
では、次回はソロツーリングの義務について!今日はここまで!
posted by TOM at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

「ソロ」について考える。其の1

【日記】
昨日は夕方から、忘年会に繰り出した。メンツは俺、T(男)、M(女)(子持ち)のわずか3人。その席で、5年ほど女っ気のないTが「昨日は、夜眠れなかったんだ。」と、話を切りだした。話を続けてもらうと…

T「昨日、取引先の忘年会に行ってな、その2次会で取引先の受付の女性から『このあと2人で飲みに行きませんか?』って誘われたんさ。」
Σ( ̄▽ ̄;)グハッ なんですと!?実はこの女性のこと、Tも気にいっていたらしい。忘年会中も、酔った勢いで抱きつかれたりしていたそうな。うらあまし…。それで?と、俺が続きを聞くと、

T「でな、2人きりで飲みに行く途中、俺から『好きです。』って告白した。向こうも『私も好きです。』って言ってくれたんだ。けど…」
けど…って?

T「彼女『実は他にも好きな人がいるの。』って言ったんさ。俺、それを聞いたあと、帰ってしまったんよ。」
そうか、けど、まだ振られてはいないだろ?これからまだチャンスはあるから!と励ますが、何故か論点が合わない。最後Tが語るには、

T「俺があそこで帰ってなければ、昨日は絶対ヤれていた!それが悔やまれて、昨日は寝れなかった…。」
(゚Д゚)ハァ?  相手に好きな人がいることより、ヤれなかったのが口惜しくて夜寝れなかった!?女日照り長いから、気持ちわからんでもないが。…まぁ、彼女に嫌われてはいないようなので、Tには彼女ゲッツに向けて頑張ってもらいたいもんです。


♪♪♪(^o^)では、今日の本題いってみよう!(。_。)q♪♪♪

【ツーリング考】
「ソロツーリング」=「一人旅」 この解釈でほぼ間違いはないはず。しかし、「ソロ」という言葉には、まだ俺の知らない深き意味を含んでいるのではないかと思い、ネットの辞典でレッツ検索!

ソロ【(イタリア)solo】
1 歌唱・演奏・演技などを一人で行うこと。「―で歌う」「―クライミング」
2 「ソロホーマー」の略。


…。そのまんまであった。つまらん。けど、「ソロ」がイタリア語であったいう発見が!英語と思っていたのに…。そして、ソロツーリングの対局に「マスツーリング」があります。こちらは集団でのツーリングですな。こちらも検索してみると、

マス【mass】
1 集まり。集団。「―ゲーム」
2 大量。多数。「―プロダクション」


おや?こちらは英語なんですねい…。

さて、ツーリング好きな方は世にゴマンといるわけですが、「ソロ」「マス」、どちらのツーリングがお好みですか?モチロン俺は、迷うことなく「ソロ」に1票投じますが。

すいませんたらーっ(汗) 今日は、日記の部分が長すぎたので、ここまで!
posted by TOM at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。